アンドウ ショウジ   Andou Syouji
  安藤 祥司
   所属   崇城大学  生物生命学部 生物生命学科
   崇城大学  生物生命学部 応用微生物工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(修士課程)
   職種   教授
研究タイトル食用キノコの研究
研究の内容食用キノコは生活習慣病の予防効果が期待されるなど、機能性食品として注目されています。食用キノコの多くは担子菌類に属し、その本体は多数の細胞が直列に連結した糸状の菌糸です。しかし環境の変化に応じて、菌糸から傘状の子実体(いわゆるキノコ)を形成します。しかしこのドラマチックな変貌のしくみは、まだよくわかっていません。私たちは、菌糸から子実体を形成する際に、どんなタンパク質が働いているのか解析を行っています。
将来何に役立ちますかこの研究成果は、キノコの有効的な人工栽培や品種改良などに生かされます。