アズマ コウジ   Azuma Kouji
  東 康二
   所属   崇城大学  工学部 建築学科
   崇城大学大学院  工学研究科 環境社会工学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 建設システム開発工学専攻
   職種   教授
研究タイトル溶接接合部における脆性破壊の予測手法の開発
研究の内容近年,日本だけでなく世界中で大地震が頻発しています.日本の建築基準法は,「大地震(震度6強ぐらい)に対して,建物は倒壊せず人命を保障する」という考え方から成り立っており,現行法に従って建てられた建物の被害はほとんどないと報告されていました.ところが,兵庫県南部地震後の詳細な調査で,鉄骨建物では,脆性破壊という重大な被害が明らかとなりました.断層に起因する地震は大都市圏でも発生する可能性は極めて高く,甚大な被害が予想されます.建物が安全であるか否かを決めるためには,脆性破壊の危険性があるのか,ないのかを的確に予測することも必要不可欠です.この研究では,数多くの実験と解析(3Dシミュレーション)の結果から的確に破壊を予測する手法の開発を行っています.
将来何に役立ちますか接合部には様々な形状,載荷状態がありますし,予亀裂も様々です.また脆性破壊の発生については確率論的なことも考えなければなりません.今後は,これまでの手法を拡張して,より精度の高い予測手法を提案するとともに,様々な接合部に対応した評価手法を確立し,建物の安全性の確保を目指します.