ヤマグチ コウキ   Yamaguchi Kouki
  山口 幸輝
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
研究タイトルカスケード反応を利用した分子設計
研究の内容カスケード反応に於いては、各段階の反応生成物が次の段階を活性化する反応が連続的に起るため、単独では進行しにくい反応が、より緩和な条件で進行することを可能にするなど、中間体を単離する必要のない効率的な反応設計が可能であります。その反応を利用し、機能性を持つ有機化合物の合成を行っています。
将来何に役立ちますかこれまで人類は環境に負荷を掛けながら新しい化合物を生み出し、進歩してきました。これからは環境に優しい合成化学が必須であり、そのような分子設計を数多く確立する事が目標です。