カキノキ トシオ   Kakinoki Toshio
  柿木 稔男
   所属   崇城大学  情報学部 情報学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用情報学専攻(博士前期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用情報学専攻(博士後期課程)
   職種   准教授
研究タイトル省エネルギー形磁気浮上装置の研究
研究の内容市内電車や半導体搬送装置に適用できる低コストで実用性の高い磁気浮上装置の開発を行っています。
急カーブでも安定して浮上走行できる案内電磁石が不要な浮上案内兼用の分割鉄心を用いているので、建設費が安くてすみます。さらに、省エネルギーで電磁石を駆動可能なように、永久磁石を鉄心に組み込んだ複合磁石を用いてシステムの最適化の研究をしています。皆さんの新しいアイデアでよりよいものを創っていきましょう。
将来何に役立ちますか非接触で電車やコンベアが使えるようになるので、騒音や発塵の心配がなく、メンテナンスコストが大幅に抑えられますので、未来の輸送装置にぴったりです。