オオタ カズヨシ   Oota Kazuyoshi
  太田 一良
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用微生物工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(修士課程)
   職種   教授
発表年月日 2010/09/29
発表テーマ Aureobasidium pullulans由来キシラナーゼのシグナル・ペプチドは大腸菌による糸状菌キシラナーゼの細胞外生産を可能にする
会議名 日本生物工学会大会
主催者 日本生物工学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 宮崎市(宮崎シーガイア)
発表者・共同発表者 太田一良、田中秀典、山川大輔、浜砂裕則、藤本仁寿