トモシゲ リュウイチ   Tomoshige Ryuichi
  友重 竜一
   所属   崇城大学  工学部 ナノサイエンス学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(修士課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(博士後期課程)
   職種   教授
研究期間 1995/04~1996/03
研究課題 爆発衝撃固化と燃焼合成による炭化チタン/アルミナ高強度・導電性セラミックスの作製
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 文部科学省
研究種目名 奨励研究(A)
科研費研究課題番号 07855083
キーワード 衝撃エネルギー / 燃焼合成 / 炭化チタン / アルミナ / 複合材料 / 硬度 / 電気抵抗
科研費分類材料加工・組織制御工学
研究制度 科学研究費補助金
代表分担区分 研究代表者
概要 TiO_2、Al、グラファイト、またはTi、グラファイト、Al2O3の混合粉末を用いた高温を伴う自己伝播高温合成(SHS)の直後に、爆薬の爆発に伴う超高圧を利用して、高密度・電導性TiC/Al_2O_3セラミックス複合材を作製し、その性質を評価することを目的とした。 (1).最適衝撃圧縮条件 直系51mm、高さ25mmのSEP爆薬を用いSHS反応開始から20〜80秒後に衝撃圧縮を行ったところ、60秒で最高の密度値を示す試料を得た。これより、最適条件を反応開始から60秒後とした。 (2)両方式で得られた複合材のX線回折を行った結果、TiCとAl_2O_3の両相以外は検出されなかった。破面のSEM観察の結果、約1μmの結晶粒径を持つ両相間が衝撃波の超高圧力により強固に結合していることが確認された。さらに、電気抵抗(比抵抗)はAl_2O_3量が増えると上昇するものの、Al_2O_3を最も含有したTiC-40mol%Al_2O_3において2.5x10^<-6>Ωcmの低い値を示したことから、本系材料は放電加工が容易に行い得るセラミック材料であることが期待される。