photo
    (最終更新日:2018-12-10 14:02:38)
  ウチダ ユウジ   Uchida Yuji
  内田 友二
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 2017/09 論文  タバコ煙抽出液により誘導される炎症性サイトカインとPDEⅣ阻害薬によるIL-8産生抑制効果 (共著) 
2. 2016/06 著書  疾病と病態生理 筋ジストロフィー、ギラン・バレー症候群、片頭痛、筋萎縮性側索硬化症 (共著) 
3. 2014/05 論文  Lipopolysaccharide Decreases Single Immunoglobulin Interleukin-1 Receptor-Related Molecule Expression by Suppressing Sp1 via TLR4-p38 pathway in monocytes and neutrophils (共著) 
4. 2013/09 論文  医療人としての薬剤師を目指して 〜AED隊参加の意味するもの〜 (共著) 
5. 2013/04 著書  筋疾患診療ハンドブック 総論 薬物療法 (共著) 
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2016/08 崇城大学薬学部の薬学教育における取り組み(第1回日本薬学教育学会大会)
2. 2014/11 TLR3リガンドpoly(I:C)は,嚢胞性線維症患者由来初代培養気道上皮細胞におけるIL-17Cの産生を上昇させる(第8回次世代を担う若手医療薬化学シンポジウム)
3. 2012/12 LPS刺激下の単球・好中球におけるIgおよびTIRドメイン含有受容体SIGIRRの発現および機能解析(第85回日本生化学会大会)
4. 2012/10 崇城大学薬学部6年次生の市中医療施設における臨床研究とその効果について(第22回日本医療薬学会年会)
5. 2011/05 Muscular fiber type-predominant promoter- activity in lentiviral-mediated transgenic mouse(ASGCT 14th Annual Meeting)
全件表示(13件)
■ 学歴
1. 2001/04~2005/03 熊本大学大学院 医学研究科 博士課程修了 博士
■ 職歴
1. 1997/05~1998/07 熊本大学 医学部附属病院神経内科 医師
2. 1998/08~1998/10 済生会熊本病院 心臓血管センター内科 医師
3. 1998/11~1999/03 熊本市立熊本市民病院 内科 医師
4. 1999/04~2000/03 水俣市立総合医療センター 神経内科 医師
5. 2000/04~2001/03 国立療養所再春荘病院(現 熊本再春荘病院) 神経内科 医師
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 学内のWebclass システムを利用して、e-learning用教材としてuploadし、学生が自主的に復習できるような工夫をしている。
●作成した教科書、教材
1. 2016/06 疾病と病態生理 筋ジストロフィー、ギラン・バレー症候群、片頭痛、筋萎縮性側索硬化症
2. 2013/06 筋疾患診療ハンドブック(分担)
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2015年度 崇城大学ベストティーチング賞受賞(受賞科目:薬理学1/2年前期・特別枠)
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2015/07 鹿児島県薬剤師会主催生涯教育講演会で神経疾患(筋ジストロフィー,片頭痛)について講演を行った。
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 日本神経学会
2. ∟ 神経内科専門医・指導医
3. 日本内科学会
4. ∟ 認定内科医
5. 日本薬学会
全件表示(6件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1997/05~1998/07 熊本大学医学部附属病院神経内科
2. 1998/08~1998/10 済生会熊本病院 心臓血管センター内科
3. 1998/11~1999/03 熊本市立熊本市民病院 内科
4. 1999/04~2000/03 水俣市立総合医療センター神経内科
5. 2000/04~2001/03 国立療養所再春荘病院(現 熊本再春荘病院 神経内科
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. くまもと禁煙推進フォーラム 会員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013~2015  「抗線維化薬ピルフェニドンの筋ジストロフィーおよび内視鏡治療後食道狭窄への治療応用」 基盤研究(C) 
2. 2010~2012  「Duchenne型筋ジストロフィーに対するヒストン脱アセチル化酵素阻害療法の開発」 基盤研究(C) 
3. 2007~2008  「アデノウイルスベクターを用いたmdxマウス横隔膜に対するジストロフィン遺伝子導入効率と治療の効果の検討」 若手研究(B) 
■ 講師・講演
1. 2015/08 「新たに薬学教育で必修となった神経・筋疾患」〜片頭痛、筋ジストロフィー〜
2. 2015/08 「神経学的所見の取り方」
3. 2014/07 神経学的所見の取り方 〜病変部位の診断〜
■ 受賞学術賞
1. 2005/05 熊本大学大学院医学薬学研究部神経内科同門会賞受賞
■ 現在の専門分野
神経内科学, 臨床薬理学, 薬物治療学 
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
SLRPファミリータンパク質による自然免疫調節機構の解明
〜TNF-α分泌抑制による慢性炎症性疾患の新規治療薬開発を目指して~
SLRPファミリー、自然免疫、Toll様受容体(TLR)、リポ多糖(LPS)、慢性炎症