photo
    (最終更新日:2019-11-07 19:57:25)
  イケダ ツヨシ   Ikeda Tsuyoshi
  池田 剛
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2005/05 論文  A new tomato pregnane glycoside from the overripe fruits. (共著) 
2. 2005/07 論文  Tomato new sapogenols, isoesculeogenin A and esculeogenin B. (共著) 
3. 2005/09 論文  Anti-herpes virus type 1 activity of oleanane-type triterpenoids. (共著) 
4. 2005/09 論文  New Bisabolane-Type Sesquiterpenes from the Aerial Parts of Lippia dulcis. (共著) 
5. 2005/09 論文  Three unusual 22-beta-O-23-hydroxy-(5 alpha)-spirostanol glycosides from the fruits of Solanum torvum. (共著) 
全件表示(114件)
■ 学会発表
1. 2012/03/29 AGEs生成阻害物質の探索研究:シャクヤクのCMA阻害活性成分について(日本薬学会第132年会)
2. 2013/03/29 AGEs生成阻害物質の探索研究:イカリソウのCMA阻害活性について(日本薬学会第133年会)
3. 2014/03/29 生薬イカリソウのAGEs生成阻害物質の探索研究:プレニルフラボノイドの立体化学の検討(日本薬学会第134年会)
4. 2014/09/08 イカリソウのAGEs生成阻害成分の探索研究(日本生薬学会第60回年会)
5. 2014/12/06 PDE阻害剤はNO付加ヒト血清アルブミンの抗癌作用を増強する(第31回日本薬学会九州支部大会)
全件表示(28件)
■ 職歴
1. 2014/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 教授
2. 2011/04~2014/03 崇城大学 薬学部 薬学科 准教授
3. 2012/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
4. 1998/04~2002/04 熊本大学薬学部 薬用植物園 助教
■ 主要学科目
生薬学
■ 所属学会
1. 2015/04~ 日本杜仲学会
2. 2016/04~ ∟ 理事
■ researchmap研究者コード
1000222598
■ 資格・免許
1. 1992/08 薬剤師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  マクロファージを標的としたがん治療及びがん予防に有効な新規含硫黄環状化合物の創製 基盤研究(C) 
2. 2014/04~2017/03  糖化終末化合物生成を抑制し糖尿病合併症予防に有効な新規プレニルフラボノイドの創製 基盤研究(C) 
3. 2011/04~2014/03  メタボリックシンドロームの予防・改善薬開発を目指した新規トリテルペン誘導体の創製 基盤研究(C) 
■ 講師・講演
1. 2016/07 健康になれる薬草(山鹿市(熊本))
2. 2018/10 1.観察した薬用植物について 2.身近な薬草について 3.ナス属植物について 4.ガン予防食品について(都城市)
3. 2018/11 身の回りの薬草や野菜を利用しましょう(玉名市(熊本県))
4. 2019/09 花粉症の治療に用いられる漢方薬や薬草などについて(山鹿市(熊本県))
5. 2019/10 骨粗鬆(こつそしょう)症の予防に有効な薬草や食品について(山鹿市(熊本県))
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
天然資源系薬学, 創薬化学 (キーワード:食品薬学、生薬学、天然物化学、漢方) 
■ 取得特許
1. 2007/09/13 杜仲葉水抽出物の分画物、および当該分画物を含む抗肥満剤(特許公開番号:WO2007-102438)
2. 2009/03/30 サトウキビ由来の消臭活性物質(特許公開番号:WO2009-123093)
3. 2012/12/05 Fractionation product of aqueous extract of Eucomm(JP 5088846)
4. 2013/07/09 3-(Aminocarbonyl)-1-[5-O-[[1-(6-amino-9H-purin-9-yl)-1-deoxy-β-D-ribofuranos-5-O-yl]phosphonyloxy(oxylato)phosphinyl]-β-L-ribofuranosyl]pyridinium, its preparation, and axon elongation and neurite outgrowth promoter, antitumor agent, and food containing it(US 8481711)
5. 2014/04/02 Phenylpropanoid compound having deodorizing activity(JP 5456659)
■ 担当経験のある科目
1. 漢方概論(崇城大学)
2. 生薬学(熊本大学、崇城大学)
3. 生薬学実習(熊本大学、崇城大学)
4. 天然薬物学(熊本大学、崇城大学)
■ 高校生のための研究紹介
1. 植物(生薬)のつくりだす化学物質をクスリにする研究
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
健康維持や疾病予防に有効な天然薬物探索
~~
終末糖化生成物、CML( ε-(carboxymethyl) lysine)、CMA( ω- (carboxymethyl) arginine)
Link