photo
    (最終更新日:2020-10-01 17:04:08)
  タケチ シンジ   Takechi Shinji
  武知 進士
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(修士課程)
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2020/10 論文  The carboxyl-terminal di-lysine motif is essential for catalytic activity of UDP-glucuronosyltransferase 1A9. (共著)  Link
2. 2020/07 論文  The effect of dihydropyrazines on lipopolysaccharide-stimulated human hepatoma HepG2 cells via regulating the TLR4-MyD88-mediated NF-κB signaling pathway (共著)  Link
3. 2019/10 論文  β-Naphthoflavone , an exogenous ligand of aryl hydrocarbon receptor , disrupts zinc homeostasis in human hepatoma (共著)  Link
4. 2019/07 論文  Atypical Familial Amyotrophic Lateral Sclerosis with Slowly Progressing Lower Extremities-predominant Late-onset Muscular Weakness and Atrophy (共著)  Link
5. 2016/11 論文  Nrf2-ARE-dependent alterations in zinc transporter mRNA expression in HepG2 cells. (共著)  Link
全件表示(50件)
■ 学会発表
1. 2020/03 Dihydropyrazine によるタンパク質修飾(日本薬学会第140年会)
2. 2020/03 糖化産物中間体DihydropyrazineによるNF-κB signalingを介した影響(日本薬学会第140年会)
3. 2019/03 β-ナフトフラボンによる細胞内亜鉛ホメオスタシスのかく乱(日本薬学会第139年会)
4. 2019/03 糖化産物中間体dihydropyrazine (DHP)によるTLR4経路を介した影響(日本薬学会第139年会)
5. 2019/09 Dihydropyrazine によるタンパク質修飾(フォーラム2019衛生薬学・環境トキシコロジー)
全件表示(95件)
■ 職歴
1. 2012/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
2. 2012/04~ 崇城大学大学院 工学研究科 応用化学専攻(修士課程) 指導教員
3. 2011/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 教授
4. 2007/04~2011/03 崇城大学 薬学部 薬学科 准教授
5. 2005/04~2007/03 崇城大学 薬学部 薬学科 助教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2007/09~ 崇城大学薬学部における学部生への「衛生化学実習」の実習指導(分担)
2. 2007/09~ 崇城大学薬学部における学部生への「環境衛生化学」の講義指導
3. 2010/04 崇城大学薬学部における学部生への「卒業論文実習」の実習指導(分担)
●作成した教科書、教材
1. 2007/09 崇城大学薬学部「衛生化学実習」の実習書(分担)
■ 資格・免許
1. 第1種放射線取扱主任者免許取得
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  糖化反応物による生活習慣病発症機構解明と高感度診断法構築のための基盤的研究 基盤研究(C) 
2. 2011/03~2014/03  糖尿病合併症におけるジヒドロピラジン誘発性遺伝子障害の関与とその機構の解析 基盤研究(C) 
■ ホームページ
   衛生化学研究室
■ 受賞学術賞
1. 2016/12 優秀ポスター賞
■ 現在の専門分野
分子生物学, 生化学, 薬系衛生、生物化学, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む (キーワード:衛生学、分子生物学、生化学) 
■ 担当経験のある科目
1. ゲノム情報学(崇城大学薬学部)
■ 高校生のための研究紹介
1. 健康を維持するには? − 酸化ストレスとその防御について –
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
バイオスピンと疾病との関連の解明
生活習慣病の診断法の開発
バイオスピン、フリーラジカル、メイラード反応、生活習慣病