photo
    (最終更新日:2020-05-28 15:54:02)
  ファン ジュン   Fang Jun
  方 軍
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 1998 論文  Expression of standard and variant CD44 in human lung cancer (共著) 
2. 1999 論文  Circumferential resection and "Z"-shape plastic end-to-end anastomosis of canine trachea (共著) 
3. 2002 論文  Pegylated zinc portoporphyrin: a water-soluble heme oxygenase inhibitor with tumor-targeting capacity (共著) 
4. 2002 論文  Tumor-targeted Delivery of Polyethylene Glycol-conjugated D-Amino Acid Oxidase for Antitumor Therapy via Enzymatic Generation of Hydrogen Peroxide (共著) 
5. 2003 論文  Antiapoptotic effect of haem oxygenase-1 induced by nitric oxide in experimental solid tumour (共著) 
全件表示(84件)
■ 学会発表
1. 2001/07/13 Preparation of poly(ethylene glycol) conjugated D-amino acid oxidase and its antitumor activity based on tumor-targeted delivery and generation of hydrogen peroxide(Intl. Symposium on Polymer Therapeutics)
2. 2002/09/23 Pegylated zinc protoporphyrin for cancer therapy: an antitumor strategy by targeted inhibition of heme oxygenase-1 in solid tumor(2nd Intl. Symposium & Exposition on Tumor Targeted Delivery System (CRS/NCI))
3. 2003/07/20 Oxidation Chemotherapy via Targeted Delivery of Pegylated D-Amino Acid Oxidase and Pegylated Zinc Protoprophyrin Based on EPR Effect(30th Annual Meeting and Exposition of Controlled Release Society)
4. 2004/03/27 The H+-linked monocarboxylate transporter (MCT1/SLC16A1): A potential target in neuroblastoma(95th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research)
5. 2004/11/08 The H+-linked monocarboxylate transporter (MCT1/SLC16A1): A potential target in neuroblastoma(International Conference on Tumor progression and Therapeutic Resistance)
全件表示(39件)
■ 学歴
1. 1999/04~2003/03 熊本大学大学院 医学研究科 病態制御学専攻微生物学分野 博士課程修了 博士
■ 職歴
1. 2003/09~2005/03 Duke University Medical Center Department of Pathology 博士研究員
2. 2005/04~2010/03 崇城大学 薬学部 薬学科 講師
3. 2010/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 准教授
4. 2012/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012/04~ 講義に対する学生の理解度のチェック、評価
●作成した教科書、教材
1. 2007/04~ 崇城大学薬学部「生物系薬学実習(微生物学実習)」実習書
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2007/04~ 授業参観
2. 2007/08 実務実習指導薬剤師養成ワークショップ
■ 主要学科目
DDS学、腫瘍学、化学療法学、微生物学、細胞生物学
■ 所属学会
1. Controlled release Soeiely (CRS)
2. 日本DDS学会
3. ∟ 評議員
4. 日本癌学会
5. 日本薬学会
■ researchmap研究者コード
B000346537
■ 授業科目
1. バイオ医薬品学
2. 細胞生物学
3. 微生物学1
4. 微生物学実習
■ 社会における活動
1. 2008~ 卒業研究
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  EPR効果におけるオフターゲットデリバリーの抑制によるナノメディシンの効果増強 基盤研究(C) (キーワード:EPR効果、オフターゲットデリバリー、ナノメディシン、Intralipid、効果増強)
2. 2016/04~2019/03  腫瘍微小循環改善に着目したEPR効果増強法とそれによる併用化学療法の探索 基盤研究C 
3. 2013/04~2016/03  診断と治療が同時に可能な腫瘍標的型亜鉛プロトポルフィリンミセルの設計と有用性評価 基盤研究(C) 
4. 2013/04~2014/03  微小癌の検出・治療を目的としたセラノスティック薬剤の開発 その他の補助金・助成金 
5. 2011/04~2014/03  蛍光内視鏡をめざした高分子型分子プローブの創製 その他の補助金・助成金 
全件表示(10件)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計  0  回
 在留期間2週間未満のもの   計  2  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  2  回  2  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  1  回  1  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  3  回  3  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
DDS, 腫瘍治療学, 微生物学, 実験病理学, 腫瘍生物学 (キーワード:DDS、ナノメディシン、腫瘍標的、EPR効果、活性酸素、一酸化炭素) 
■ 取得特許
1. 抗炎症剤(特開2010-013411)
2. 高分子型蛍光分子プローブ(特願2011-193237)
■ 科研費研究者番号
20412736
■ 担当経験のある科目
1. 微生物学III(化学療法論)(崇城大学薬学部)
■ 高校生のための研究紹介
1. 高分子薬剤を用いる炎症・癌に対する治療法の開発
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
より効果の高いがん治療法を探究する
〜腫瘍微小循環改善に着目したEPR効果増強法とそれによる併用化学療法の探索〜
EPR効果、がん、ナノメディシン、腫瘍ターゲティング、高分子薬剤、ドラッグデリバリーシステム
Link