photo
    (最終更新日:2018-11-28 17:24:44)
  オオクリ タカトシ   Ookuri Takatoshi
  大栗 誉敏
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 2018/09 論文  Introduction of a glycosylation site in the constant region decreases the aggregation of adalimumab Fab. (共著) 
2. 2018/01 論文  A novel engineered interchain disulfide bond in the constant region enhances the thermostability of adalimumab Fab. (共著) 
3. 2016/10 論文  Relationship between the magnitude of IgE production in mice and conformational stability of the house dust mite allergen, Der p 2. (共著) 
4. 2015/05 論文  Role of the osmolyte taurine on the folding of a model protein, hen egg white lysozyme, under a crowding condition. (共著) 
5. 2014/12 論文  Epithelium specific ETS transcription factor, ESE-3, of Protobothrops flavoviridis snake venom gland transactivates the promoters of venom phospholipase A2 isozyme genes. (共著) 
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. 2018/11/18 酵母Pichia pastorisを用いたヒトCH2ドメインの大量発現系の確立(第35回日本薬学会九州支部大会)
2. 2018/06/27 糖鎖付加によるアダリムマブFabの凝集性の抑制(第18回日本蛋白質科学会年会)
3. 2018/03/26 アダリムマブFabの定常領域での新規SS結合の導入と安定化(日本薬学会第138年会)
4. 2017/11/26 アダリムマブFabにおける分子間SS結合の熱安定性への影響と新規SS結合の導入(第34回日本薬学会九州支部大会)
5. 2017/06/21 アダリムマブFabの新規分子間SS結合導入による熱安定化(第17回日本蛋白質科学会年会)
全件表示(32件)
■ 学歴
1. 1990/04~1994/03 福岡大学 薬学部 卒業
2. 1994/04~1996/03 九州大学大学院 薬学研究科 修士課程修了
3. 1996/04~1999/03 九州大学大学院 薬学研究科 博士課程修了 博士(薬学)
■ 職歴
1. 1999/04~2002/03 東京薬科大学 生命科学部 博士研究員
2. 2002/04~2008/03 九州大学大学院 薬学研究院 助手
3. 2008/04~2009/09 九州大学大学院 薬学研究院 助教
4. 2009/10~ 崇城大学 薬学部 薬学科 准教授
5. 2012/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
■ 所属学会
1. 日本薬学会
2. 日本生化学会
3. 日本蛋白質科学会
■ 資格・免許
1. 1994/04 薬剤師国家試験合格
■ ホームページ
   http://www.sojo-u.ac.jp/faculty/department/pharmaceutical/introduction/002402.html
   http://www.ph.sojo-u.ac.jp/~ohkuri/index.html
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2011/05 平成23年度日本生化学会九州支部学術奨励賞
2. 2014/10 日本生化学会JB論文賞
■ 現在の専門分野
蛋白質工学, 構造生物学 (キーワード:抗体 Fab) 
■ 科研費研究者番号
70346807
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
ガンなど難治性疾患に適応する医薬開発
〜プロテインエンジニアリングによる抗体フラグメントの高機能化と次世代抗体医薬への応用〜
抗体、Fab、プロテインエンジニアリング、安定化、酵母培養
Link