photo
    (最終更新日:2020-11-05 10:14:37)
  スギウラ マサハル   Sugiura Masaharu
  杉浦 正晴
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2020/10 著書  "Catalysis by Silicon Species (Chapter 11)" In "Catalysis with Earth-abundant Elements"  pp.309-333 (共著)  Link
2. 2020/09 論文  Synthesis of conjugated multiunsaturated thioesters via one-pot TiCl4-promoted aldol condensation Tetrahedron Letters 61(36),pp.152280 (共著)  Link
3. 2020/05 論文  O-Monoacyltartaric Acid/(Thio)urea Cooperative Organocatalysis for Enantioselective Conjugate Addition of Boronic Acid. Organic letters 22(10),pp.3780-3784 (共著)  Link
4. 2019/08 論文  Lewis Base-Catalyzed Enantioselective Conjugate Reduction of β,β-Disubstituted α,β-Unsaturated Ketones with Trichlorosilane: E/Z-Isomerization, Regioselectivity, and Synthetic Applications.
[Highlighted in Organic Chemistry Portal; Featured in Org. Chem. Highlights: Alkylated Stereogenic Centers] The Journal of Organic Chemistry 84(18),pp.11458-11473 (共著) 
Link
5. 2019/06 論文  Selective Monoacylation of Diols and Asymmetric Desymmetrization of Dialkyl meso-Tartrates Using 2-Pyridyl Esters as Acylating Agents and Metal Carboxylates as Catalysts. The Journal of Organic Chemistry 84(14),pp.9313-9321 (共著)  Link
全件表示(90件)
■ 学会発表
1. 2020/10/20 Synthesis of Polyenyl Thioesters via One-pot TiCl4-Promoted Aldol Condensation (P3-017)(第10回CSJ化学フェスタ2020) Link
2. 2020/03/28 O-モノアシル酒石酸を触媒とするボロン酸の不斉共役付加反応における助触媒の作用機序の解明(日本薬学会第140年会)
3. 2019/11/16 O-モノアシル酒石酸触媒を用いるボロン酸の不斉共役付加反応の速度論的解析(第36回日本薬学会九州支部大会)
4. 2019/10/12 HIV-1の必須構造蛋白であるキャプシドに対する新規阻害剤の開発(第47回構造活性相関シンポジウム)
5. 2019/05/24 不斉有機触媒によるケイ素化合物とホウ素化合物の共役付加反応(有機合成化学協会九州山口支部2019年度第1回有機合成化学講演会)
全件表示(9件)
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 横浜市立大学 卒業
2. 1992/04~1994/04 東京工業大学 大学院理工学研究科 化学工学専攻 修士課程修了
3. 1994/04~1997/03 東京工業大学 大学院理工学研究科 化学工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 2004/03~2005/04 国立大学 東京大学 大学院薬学系研究科 助手
2. 2005/04~2007/03 国立大学法人 東京大学 大学院薬学系研究科 講師
3. 2007/04~2018/03 国立大学法人 熊本大学 大学院医学薬学研究部(現 大学院生命科学研究部) 准教授
4. 2018/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 教授
5. 2018/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
■ 所属学会
1. 2001/03~ 日本薬学会
2. 1992/03~ 日本化学会
3. 1994/04~ 有機合成化学協会
■ researchmap研究者コード
6000005187
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2024/03  アルドール関連反応を基軸とする新規な連続的不斉触媒反応の開拓 基盤研究(B) 
2. 2019/04~2021/03  リン酸化剤の触媒的活性化に基づくリン酸エステル合成法の開発 基盤研究(C) 
3. 2016/04~2019/03  不斉有機分子触媒の遷移状態における非古典的水素結合の関与の解明 特設分野研究 基盤研究C 
4. 2017/04~2018/03  酸化反応を触媒するポリカルボン酸鉄錯体の開発 その他の補助金・助成金 
5. 2016/04~2017/03  不斉多座カルボン酸配位子を有する金属錯体の合成と触媒反応への利用 その他の補助金・助成金 
全件表示(11件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2006/03 日本薬学会奨励賞 (カルバメート、アシルヒドラジン、アンモニアを用いる含窒素化合物の効率的合成法の開発)
■ 現在の専門分野
化学系薬学, 有機化学 (キーワード:有機合成化学、不斉合成、触媒)