photo
    (最終更新日:2021-10-11 11:28:19)
  ナカムラ ヒデアキ   Nakamura Hideaki
  中村 秀明
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 2021/09 論文  Acid-responsive HPMA copolymer-bradykinin conjugate enhances tumor-targeted delivery of nanomedicine J Control Release 337,pp.546-556 (共著) 
2. 2021/01 論文  Preparation of enzymatically highly active pegylated-D-amino acid oxidase and its application to antitumor therapy. Curr Drug Deliv  (共著) 
3. 2021/05 論文  De novo filament formation by human hair keratins K85 and K35 follows a filament development pattern distinct from cytokeratin filament networks. FEBS Open Bio 11(5),pp.1299-1312 (共著) 
4. 2020 論文  Development of Tumor-targeting Antitumor Agents Based on Polymer Effect] Yakugaku Zasshi 140(10),1243-1249頁 (単著) 
5. 2020/05 論文  Efficient Anticancer Drug Delivery for Pancreatic Cancer Treatment Utilizing Supramolecular Polyethylene-Glycosylated Bromelain ACS Applied Bio Materials 3(5),pp.3005-3014 (共著) 
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. 2014/05 Improved pharmacokinetics and antitumor activity of poly(N-(2-hydroxypropyl)methacrylamide) conjugates of pirarubicin(10th International Symposium Polymer Therapeutics.)
2. 2014/03 腫瘍選択的に活性抗がん剤を放出する、高分子抗がん剤(P-THP)の作製と抗腫瘍効果(日本薬学会)
3. 2013/07 ヒドラゾン結合PHPMA-ピラルビシンは、pH応答的にピラルビシンを遊離し抗腫瘍効果を発揮する(DDS学会)
4. 2013 Two step tumor-selective action of pirarubicin-conjugated N-(2-hydroxypropyl) methacrylamide copolymer(日本癌学会)
5. 2013 Double selective antitumor action of pirarubicin-conjugated N-(2-hydroxypropyl) methacrylamide copolymer(Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society)
■ 学歴
1. 2000/04~2004/03 熊本大学 薬学部 卒業
2. 2004/04~2006/03 熊本大学 修士課程修了
■ 職歴
1. 2006/04~2013/03 崇城大学 薬学部 薬学科 助手
2. 2013/04~2016/03 崇城大学 薬学部 薬学科 助教
■ 所属学会
1. 日本DDS学会
2. 日本癌学会
3. 日本薬学会
■ researchmap研究者コード
B000236204
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   EPR効果に基づく活性酸素生成型高分子薬の固形癌ターゲティング療法 個人研究 
2.   HSP32を標的とする高分子型制癌剤PEG化亜鉛プロトポルフィリン(ZnP) 個人研究 
3.   癌組織選択的に抗癌 剤を持続的に放出す る、難治性膵臓癌治 療薬の開発と有用性 評価 個人研究 
4.   抗ラジカル型抗炎症剤XO阻害剤AHPPの新しいSMA-ミセル化剤の研究 個人研究 
5.   慢性肉芽腫に対するPEG化D-アミノ酸酸化酵素による代替酵素補充療法 個人研究 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2016/04 日本臨床腫瘍薬学会 優秀演題賞
2. 2013 第29回日本DDS学会学術集会優秀発表者賞
3. 2012 First Most Interesting Poster Communication
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
高分子性抗がん剤による副作用の少ないがん治療
〜ポリマーを用いた環境応答性抗がん剤やEPR効果増強剤に関する研究〜
がん治療、EPR効果、高分子性抗がん剤、マウス担がんモデル
Link