photo
    (最終更新日:2018-04-27 09:47:26)
  オノ ナガト   Ono Nagato
  小野 長門
   所属   崇城大学  工学部 機械工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 機械システム工学専攻
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 1988/06 論文  Phase Equilibria in Ni-Cr-N Ternary System (単著) 
2. 1991/09 論文  Ni-Cr-N三元系における1273Kの平衡等温断面図の実験的決定 (共著) 
3. 1992/01 論文  X線マイクロアナライザーによるCr-Ni-Moオーステナイト鋼における固溶窒素の定量分析 (共著) 
4. 1992/01 論文  X線マイクロアナライザーによるクロム系窒化物中の窒素の定量分析 (共著) 
5. 1992/05 論文  Formation and Stability of a Nitride with the Structure of Beta Manganese in Ni-Cr-N Ternary System (共著) 
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2006/05 純マグネシウム多結晶における微小変形とエッチピット観察(第55期日本材料学会学術講演会)
2. 2006/06 Effect of Twin and Grain Boundaries on Deformation Strength of Mg-Al-Zn Alloys(2nd International Conference on Magnesium)
3. 2007/05 2024系アルミニウム合金のHall-Petch関係と強化機構(第56期日本材料学会学術講演会)
4. 2007/05 Cu-Al合金における変形と疲労挙動のエッチピット解析(第56期日本材料学会学術講演会)
5. 2007/05 純マグネシウムの圧縮変形における双晶形成とHall-Petch関係(第56期日本材料学会学術講演会)
全件表示(30件)
■ 学歴
1. 1985/04~1991/06 東京工業大学大学院 理工学研究科 金属工学専攻 博士課程修了 工学博士
■ 職歴
1. 1991/04~1992/09 防衛庁技術研究本部 第一研究所 研究員
2. 1992/10~1994/03 崇城大学 工学部 機械工学科 助手
3. 1994/04~1996/03 崇城大学 工学部 機械工学科 講師
4. 1994/04~2005/03 崇城大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 担当教員
5. 1996/04~2005/03 崇城大学 工学部 機械工学科 助教授
全件表示(19件)
■ 学内役職・委員
1. 2011/04/01~ 崇城大学 工学部長
2. 2018/04/01~ 崇城大学 副学長(研究担当)
3. 2018/04/01~ 崇城大学大学院 工学研究科長
■ 所属学会
1. 1992/11~ 日本金属学会
2. 1992/12~ 日本機械学会
3. 2000/04~ 日本材料学会
4. 2005/01~2014/12 TMS
5. 2006 日本機械学会
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 1982/01 銃剣道初段
2. 1982/03 日本少林寺拳法正拳士(4段)
3. 1982/12 大型普通自動車1種免許
■ 社会における活動
1. 2007/11~ 熊本県工業高等学校生徒研究発表会審査委員
2. 2012/04~ 熊本県産業人材強化ネットワーク推進会議委員
3. 2013/04~2018/03 宇土中学校・宇土高校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員
4. 2014/06~2016/06 日本高等教育評価機構理事
5. 2016/06~ 日本高等教育評価機構評議員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011~2013  FRPの強度試験 企業からの受託研究 
2. 2001~2003  高速・低温超塑性鍛造のできる新銅系合金の開発と形状記憶の附与 基盤研究(C) 
■ 講師・講演
1. 2009/09 双晶境界を有する金属の変形および疲労挙動の結晶粒径依存性(鹿児島大学)
■ 受賞学術賞
1. 2014/07 崇城大学ベストティーチング賞
2. 2007/07 崇城大学ベストティーチング賞
3. 1982/03 日本機械学会畠山賞受賞
■ 現在の専門分野
金属工学, 機械材料, 材料力学 
■ 高校生のための研究紹介
1. 形状記憶する金属の機能設計~未来を変える新しい装置に有効活用~
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ナノテク・材料
軽金属の変形と強さに関する結晶塑性学的研究
〜「すべり」のメカニズムを実験的に考察し法則性を追究する〜
結晶塑性、転位論、降伏強度、疲労強度、ホール・ペッチ関係、析出硬化メカニズム
Link
2. 分野:ナノテク・材料
マグネシウム合金およびジュラルミンの変形と強さに関する結晶学的研究
~金属の熱処理技術と材料試験評価、金属表面の光学顕微鏡観察~
軽金属、材料物性、結晶塑性、金属組織