photo
    (最終更新日:2018-12-11 11:34:13)
  シン マサシ   Shin Masashi
  進 正志
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用生命科学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程)
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 1992/10 論文  非放射性In situ hybridizationによる特定mRNAの画像解析装置を用いた計量解析 (共著) 
2. 1994/06 著書  Electron Microscopy in Dermatology: Basic and Clinical Research (共著) 
3. 1995/05 著書  In Situ ハイブリダイゼーション (共著) 
4. 1995/07 著書  組織細胞化学1995 (共著) 
5. 1998/07 論文  受容体研究におけるin situ ハイブリダイゼーションの応用 (共著) 
全件表示(29件)
■ 学歴
1. 1996/03
(学位取得)
長崎大学 博士
2. ~1981/03 九州大学 理学部 生物学科 卒業
■ 職歴
1. 1981/06~2002/03 長崎大学 医学部 助手
2. 2002/04~2003/03 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 助手
3. 2003/04~2005/03 崇城大学 工学部 応用生命科学科 講師
4. 2004/04~2011/03 崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程) 担当教員
5. 2004/04~2011/03 崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程) 担当教員
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2010/04/01~ 自宅学習を促進する取り組み
●作成した教科書、教材
1. 2003/04/01~ 講義で使用する教材
■ 現在の専門分野
組織細胞化学, 細胞生物学 (キーワード:免疫組織化学、抗体、薬剤、薬物動態、生体アミン) 
■ 科研費研究者番号
80145226
■ 高校生のための研究紹介
1. 免疫組織化学による、細胞レベルでの薬物動態研究
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
免疫組織化学による組織・細胞レベルでの薬物動態研究
〜独自に開発した“薬物の免疫組織化学的検出法”による薬物の動態解析〜
免疫組織化学、薬物動態、モノクローナル抗体、抗体作製、電子顕微鏡
Link