photo
    (最終更新日:2018-12-11 13:33:11)
  チヂワ タカヒト   Chijiwa Takahito
  千々岩 崇仁
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用生命科学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程)
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2016 論文  The taxonomic position and the unexpected divergence of the Habu viper, Protobothrops among Japanese subtropical islands. (共著) 
2. 2105 論文  Interisland variegation of venom [Lys(49)]phospholipase A2 isozyme genes in Protobothrops genus snakes in the southwestern islands of Japan. (共著) 
3. 2014 論文  The finding of a group IIE phospholipase A2 gene in a specified segment of Protobothrops flavoviridis genome and its possible evolutionary relationship to group IIA phospholipase A2 genes. (共著) 
4. 2014 論文  Epithelium specific ETS transcription factor, ESE-3, of Protobothrops flavoviridis snake venom gland transactivates the promoters of venom phospholipase A2 isozyme genes. (共著) 
5. 2014 論文  Discovery of a novel vascular endothelial growth factor (VEGF) with no affinity to heparin in Gloydius tsushimaensis venom (共著) 
全件表示(39件)
■ 学会発表
1. 2017/12 ハブ毒阻害血清タンパク質混合画分の調整(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
2. 2017/12 ハブ血清に含まれる新規ハブ毒活性中和因子の単離・特徴付け(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
3. 2017/12 ハブゲノム解読により明らかになった毒関連遺伝子の進化(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
4. 2017/12 SSPをコードする新規遺伝子の発見とSSP遺伝子の獲得過程の考察(2017年度生命科学系学会合同年次大会)
5. 2017/07 幼蛇毒特異的に発現するホスホリパーゼ A2 の遺伝子発現に関する研究(第64回トキシンシンポジウム)
全件表示(58件)
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 九州大学 理学部化学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 九州大学 理学研究科化学専攻 修士課程修了
3. 1995/04~1998/03 九州大学大学院 理学研究科 化学専攻博士後期課程 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 1998/04~1999/03 ヒューマンサイエンス振興財団リサーチ・アソシエイト(九州大学遺伝情報実験施設 病因遺伝子分野) リサーチ・アソシエイト
2. 1999/04~2000/03 ヒューマンサイエンス振興財団リサーチ・アソシエイト(国立遺伝学研究所 人類遺伝研究部門) リサーチ・アソシエイト
3. 2000/04~2003/03 崇城大学 工学部 応用生命科学科 助手
4. 2003/04~2005/03 崇城大学 工学部 応用生命科学科 講師
5. 2004/04~2014/03 崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程) 担当教員
全件表示(9件)
■ 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2013 平成24年度教育評価S
2. 2012 平成23年度教育評価S
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2006/05 平成18年度日本生化学会九州支部例会学術奨励賞
2. 2008/11 「生体分子による生物間攻撃と防御」シンポジウム
3. 2010/09 第34回酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 1995~ 日本生化学会
2. 1998~ 日本分子生物学会
3. 2008~ 日本遺伝学会
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2014/04/01~ 学科庶務
2. 2012~ 放射線取扱主任
3. 2012~ キャリアアドバイザー
4. 2011~ チューター
5. 2008~2011 担任
●その他職務上特記すべき事項
全件表示(8件)
■ 資格・免許
1. 2010 第一種放射線取扱主任者
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014~2016  日本南西諸島に分布するホンハブの島嶼環境適応の検証 基盤研究(C) 
2. 2013~2015  ミトゲノム解析と核マーカータイピングによる日本産ハブ属3種の遺伝的集団構造の研究 基盤研究(C) 
3. 2010~2010  「ハブ毒PLA2アイソザイム遺伝子クラスター領域の解読と加速進化の分子機構」 その他の補助金・助成金 
4. 2008~2009  日本南西諸島ハブ属毒ヘビの種と毒腺アイソザイムの進化の関連 若手研究(A) 
■ 講師・講演
1. 2014/08 日本南西諸島ハブ類ヘビの進化と多様性の研究
2. 2012/05 日本南西諸島ハブ属毒ヘビの種と毒腺アイソザイムの進化の関連(福岡)
3. 2010/09 ハブ毒ホスホリパーゼA2アイソザイム遺伝子クラスター領域の独特の構造と進化(福岡)
4. 2008/11 ハブ毒Phospholipase A2遺伝子の多重化に関わるレトロトランスポジション
5. 2006/05 ハブ属ヘビ毒腺アイソザイムの島間変異に関する研究
■ 受賞学術賞
1. 2006/05 日本生化学会九州支部学術奨励賞
■ 担当経験のある科目
1. 基礎生命科学III(崇城大学)
2. 機器分析実験(崇城大学)
3. 生命環境科学特論(崇城大学大学院)
4. 生命情報科学特論(崇城大学)
5. 専門英語I(崇城大学)
全件表示(8件)
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
ハブの毒を遺伝子科学的に解明する
〜日本南西諸島ハブ属ヘビの毒ホスホリパーゼA2(PLA2)遺伝子の分子進化の解明〜
ハブ、ホスホリパーゼA2、加速進化、ゲノム、多重化、多様性、適応
Link