photo
    (最終更新日:2018-07-07 09:02:44)
  マキセ マサキ   Makise Masaki
  牧瀬 正樹
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   崇城大学大学院  薬学研究科 薬学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 2018 論文  The role of vimentin in the tumor marker Nup88-dependent multinucleated phenotype. (共著) 
2. 2012 論文  The Nup153-Nup50 protein interface and its role in nuclear import. (共著) 
3. 2010 論文  Defects in nuclear pore assembly lead to activation of an Aurora B-mediated abscission checkpoint. (共著) 
4. 2009 論文  Linkage between phosphorylation of the origin recognition complex and its ATP-binding activity in Saccharomyces cerevisiae. (共著) 
5. 2008 論文  Analysis of origin recognition complex in Saccharomyces cerevisiae by use of Degron mutants. (共著) 
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 2017/03 核膜孔因子Nup88の過剰発現が誘導する細胞多核化に対するビメンチンの関与(日本薬学会第137年会)
2. 2017/03 Notch-1断片ペプチドが誘導する白血病細胞選択的ネクローシスとPTEN発現(日本薬学会第137年会)
3. 2016/03 核膜孔因子Nup88とビメンチンの相互作用とその細胞運動性への役割(日本薬学会第136年会)
4. 2015/12 Nucleoporin Nup88 facilitates cancer cell motility through interacting with vimentin.(BMB2015)
5. 2015/03 核膜孔因子Nup88とVimentinの相互作用解析(日本薬学会第135年会)
全件表示(7件)
■ 学歴
1. ~2003/03 岡山大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程 博士課程修了 博士
■ 職歴
1. 2013/04~ 崇城大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 指導教員
2. 2012/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 准教授
■ 所属学会
1. 2012 日本薬学会
2. 2012~ 日本分子生物学会
3. 2012~ 日本生化学会
4. 2012~2015/12 日本細胞生物学会
■ 資格・免許
1. 1997/08 薬剤師免許
■ 現在の専門分野
生物系薬学, 分子生物学, 細胞生物学 (キーワード:核膜孔、がん、ヌクレオポリン) 
■ 産官学連携シーズ情報
1. 分野:ライフサイエンス
核膜孔構成因子によるがん発生と増悪化機構の解明
〜Nup88の持つ性質とがんとの関係性を理解する研究と創薬への応用〜
核膜孔、ヌクレオポリン、Nup88、がん、腫瘍マーカー、細胞生物学、分子生物学、生化学
Link