photo
    (最終更新日:2019-07-12 11:32:09)
  イチハラ ヒデアキ   Ichihara Hideaki
  市原 英明
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用生命科学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程)
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 2019/07 論文  ハイブリッドリポソームを用いた乳癌に対するセラノスティクス(治療と検出) (共著) 
2. 2019/04 論文  Therapeutic Effects and Anti-metastasis Effects of Cationic Liposomes against Pancreatic Cancer Metastasis in vitro and in vivo (共著) 
3. 2018/11 論文  Hybrid Liposomes Showing Enhanced Accumulation in Tumors as Theranostic Agents in the Orthotopic Graft Model Mouse of Colorectal Cancer (共著) 
4. 2018/10 論文  Theranostics with hybrid liposomes in an orthotopic graft model mice of breast cancer (共著) 
5. 2018/09 論文  Evaluation of an In vitro Approach to the Prediction of In vivo Effects on Multidrug Resistance in Human Hepatoma Cells (共著) 
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. 2019/07 トレハロースリポソームの乳がんに対するアポトーシス誘導による治療効果(第56回化学関連支部合同九州大会)
2. 2019/07 カチオンリポソームの膵臓がん細胞に対する転移抑制効果(第56回化学関連支部合同九州大会)
3. 2019/07 インドシアニングリーン含有ハイブリッドリポソームを用いた乳がんに対するセラノスティクス(第56回化学関連支部合同九州大会)
4. 2019/07 Therapeutic Effects and Antitumor Mechanism of Trehalose Liposomes against Breast Adenocarcinoma along with Apoptosis(The 14th Asian Congress on Biotechnology (ACB2019))
5. 2019/07 Inhibitory effects of cationic liposome on the growth and metastasis of cholangiocarcinoma cells along with apoptosis(The 14th Asian Congress on Biotechnology (ACB2019))
全件表示(148件)
■ 学歴
1. 1992/04~1996/03 崇城大学 工学部 工学部工業化学科 卒業 学士(工学)
2. 1996/04~1998/03 崇城大学 工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了 修士(工学)
3. 2000/04~2003/03 崇城大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 1998/04~1999/07 株式会社森川健康堂 研究開発課 研究員
2. 2003/04~2010/03 崇城大学 応用生命科学科 技術員
3. 2010/04~2012/03 崇城大学 生物生命学部 応用生命科学科 助教
4. 2010/04~2018/03 崇城大学大学院 工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程) 担当教員
5. 2012/04~2018/03 崇城大学 生物生命学部 応用生命科学科 准教授
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1996/09~ 日本化学会
2. 1997/10~ 化学工学会
3. 2000/06~ がん分子標的治療学会
4. 2000/06~ 日本癌学会
5. 2001/05~ 日本DDS学会
全件表示(12件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  複合脂質膜を用いた滑膜細胞の増殖抑制によるリウマチ治療 挑戦的萌芽研究 
2. 2013/04~2016/03  ハイブリッドリポソームのがん転移抑制効果に関する研究 基盤研究(C) 
3. 2013/04~2016/03  難治性疾患ナノ治療を目指した人工細胞膜の医療工学的研究 基盤(B) 
4. 2011/04~2014/04  人工細胞膜を用いるがん・エイズの臨床応用を目指した展開 基盤研究(B) 
5. 2008/04~2009/03  細胞膜及び人工膜の揺らぎが関与する制がん機能メカニズム 新学術領域研究 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2000/09 Chemotherapy with Hybrid Liposomes for Meranomatosis(Oxford, England)
2. 2001/06 Clinical Application for Lymphoma Chemotherapy with Hybrid Liposomes(North Falmouth, USA)
3. 2003/10 ハイブリッドリポソームのみによるがん 治療
4. 2010/06 Specific Inhibitory Effects of Hybrid Liposomes on the Growth of HIV-latently Infected Cells and Primary Effusion Lymphoma in vitro and in vivo(Busan, Korea)
5. 2011/03 Chemotherapy with Cationic Hybrid Liposomes Leading to Apoptosis toward Renal Carcinoma
■ 受賞学術賞
1. 2010/10 九州実験動物研究会「山内・半田」賞(原著部門)受賞
2. 2006/06 第10回がん分子標的治療研究会総会特別賞受賞
3. 2002/03 化学工学会第67年会第一回全国学生賞(博士の部)受賞
■ 現在の専門分野
医用生体工学, 腫瘍治療学, 反応工学・プロセスシステム 
■ 高校生のための研究紹介
1. ハイブリッドリポソーム(人工細胞膜)を用いた難治性疾患(がん、リウマチ等)治療を目指した研究