photo
    (最終更新日:2021-04-21 11:32:05)
  ミヤウチ ユウ   Miyauchi Yuu
  宮内 優
   所属   崇城大学  薬学部 薬学科
   職種   講師
■ 著書・論文歴
1. 2021/04 論文  LAPTM4a is targeted from the Golgi to late endosomes/lysosomes in a manner dependent on the E3 ubiquitin ligase Nedd4-1 and ESCRT proteins. Biochem. Biophys. Res. Commun. 556,pp.9-15 (共著) 
2. 2020 論文  The effect of dihydropyrazines on lipopolysaccharide-stimulated human hepatoma HepG2 cells via regulating the TLR4-MyD88-mediated NF-κB signaling pathway. J. Toxicol. Sci. 45(7),pp.401-409 (共著) 
3. 2020/10 論文  The carboxyl-terminal di-lysine motif is essential for catalytic activity of UDP-glucuronosyltransferase 1A9. Drug metabolism and pharmacokinetics 35(5),pp.466-474 (共著) 
4. 2020/10 論文  甘いだけではない糖との関係:終末糖化産物 (AGEs) による不妊の惹起 ファルマシア 56(10),910頁 (単著) 
5. 2020/04 論文  Phosphorylation of vaccinia-related kinase 1 at threonine 386 transduces glucose stress signal in human liver cells. Bioscience Reports 40(4) (共著) 
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 2021/03 新規シトクロムP450 3A4 発現系の構築:バキュロウイルスを用いた COS-1細胞における過剰発現(日本薬学会第141年会(広島、オンライン) (2021年3月))
2. 2021/03 アデニン関連化合物によるマウス肝ミクロゾーム UDP-グルクロン酸転移酵素活性の調節機構(日本薬学会第141年会(広島、オンライン) (2021年3月))
3. 2020/12 Efficient expressions of cytochrome P450 3A4 in mammalian cells with a Bac-Mam system(日本薬物動態学会第35回年会(オンライン))
4. 2020/12 Characterization of human UDP-glucuronosyltransferase 1A7: the crucial role of Trp208 and surrounding residues for catalytic function(日本薬物動態学会第35回年会(オンライン))
5. 2020/09 糖化産物ジヒドロピラジン類が有する抗炎症効果(フォーラム2020衛生薬学・環境トキシコロジー(オンライン))
全件表示(8件)
■ 学歴
1. 2006/04~2010/03 九州大学 卒業
2. 2010/04~2012/03 九州大学大学院 薬学府 創薬科学 修士課程修了 修士(創薬科学)
3. 2012/04~2015/03 九州大学大学院 薬学府 創薬科学 博士課程修了 博士(創薬科学)
■ 職歴
1. 2015/04~2015/04 九州大学大学院薬学研究院 分子衛生薬学分野 特別研究員
2. 2015/05~2016/10 米国 National Institute of Environmental Health Sciences (NIEHS) Pharmacogenetics Group Visiting Fellow
3. 2016/11~2020/03 九州大学大学院薬学研究院 細胞生物薬学分野 助教
4. 2020/04~ 崇城大学 薬学部 薬学科 講師
■ 所属学会
1. 2009/10~ 日本薬学会
2. 2010/05~ 日本薬物動態学会
3. 2019/02~ 日本毒性学会
4. 2019/03~ International Society for Study of Xenobiotics
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  薬物代謝活性の新規変動機構:薬物代謝酵素複合体とその活性酸素抑制作用の生理的意義 若手研究 
2. 2020/02~  薬物代謝酵素複合体の定量的解析による個体差の解明 その他の補助金・助成金 
3. 2019/12~  がん疼痛緩和におけるオピオイド使用の最適化:代謝酵素の複合体形成を促進する化合物の探索 その他の補助金・助成金 
4. 2019/07~2019/08  Effect of Dexamethasone Treatment on Cytochrome P450 3A-UDP-Glucuronosyltransferase 1A Interactions in Rat Liver その他の補助金・助成金 
■ ホームページ
   衛生化学研究室ホームページ
■ 受賞学術賞
1. 2019/09 内外環境応答・代謝酵素研究会(仙台) 若手優秀発表賞
2. 2014/10 19th North American ISSX and 29th JSSX Pre-Doctoral Poster Awards
3. 2014/03 日本薬学会第134回年会(熊本) 学生優秀発表賞
4. 2012/03 日本薬学会第132回年会(札幌) 学生優秀発表賞
■ 現在の専門分野
衛生薬学, 毒性学 (キーワード:終末糖化産物、薬物代謝) 
■ 科研費研究者番号
50799947