クサカベ カツキ   Kusakabe Katsuki
  草壁 克己
   所属   崇城大学  工学部 ナノサイエンス学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(修士課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(博士後期課程)
   職種   教授
分野ナノテク・材料
タイトル機能性ナノ微粒子材料の合成とその環境エネルギー分野への応用
シーズ名〜食品、医薬品、センサー、バイオマス、光触媒、再生可能エネルギー〜
キーワード微粒子、多孔質、触媒、反応分離
研究シーズ概要〇多孔性シクロデキストリン系金属有機構造体(MOF)の機能化と応用

 〇油水界面を利用した金ナノ粒子の合成とその応用

 〇新規イオン液体による反応抽出を利用したセルロース化学

 〇新規イオン液体を触媒として利用したバイオディーゼル油合成

 〇イオン液体を利用した高結晶性チタニアー酸化タングステン複合光触媒を利用した水質浄化

 〇イオン液体を用いた低温結晶化法による有機固体、高分子表面へのセラミックコーティング

 〇化学分野への3Dプリンターの応用
利点・特長・成果〇 各種芳香族化合物とNiやZnなどの金属塩で構成される従来型MOFは、機能性や構造を制御できる点で優れているが高価な材料である。シクロデキストリン系-MOFは原料がトウモロコシと減塩食品に使われる塩化カリウムなので、これに比べて安全性が高く、生分解性を示し、安価である。

〇 新規イオン液体は、安価であるため大量に使用することができるので、バイオマスを取り扱うセルロース化学や再生エネルギーであるバイオディーゼル油など比較的大量な製品の生産に使用できる。
その他の研究〇気液固3相充填層を用いたバイオディーゼル油の高速高効率合成

 〇マイクロリアクターを用いた有機合成
メッセージ(企業へ)●草壁研究室は化学工学をベースとし、プロセスを念頭に置いた研究開発を進めています。

 これまでの研究実績
  流動層からマイクロリアクターにまでの反応装置の開発
  石炭からバイオディーゼル油などの将来エネルギー研究
  多孔質材料の開発と無機膜による気体分離
  ゾルゲル法やCVD法によるナノ粒子合成
  
  などの経験があり、技術相談を受け付けます。

●草壁研究室では、3Dプリンターを購入して化学への利用を進めています。
  化学以外の分野で、これを有効利用するために、学内外から自由に使用していただくよう考えています。
  ご利用をお考えであればご連絡ください。