シン マサシ   Shin Masashi
  進 正志
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用生命科学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程)
   職種   教授
研究タイトル免疫組織化学による、細胞レベルでの薬物動態研究
研究の内容私たちは病気のときに薬を飲みますが、その薬は病に対して効果を示すと共に副作用はできるだけ少なくなるように、適正に使用されなければなりません。そのためには、体内で薬がどの様な振る舞いをするのか知る必要があり、これを研究する学問を薬物動態学といいます。私たちは、「免疫組織化学」という手法を用いて、これまでの方法では困難だった、個々の細胞レベルでの薬の局在と時間経過によるその変化を調べて、薬剤の作用や副作用の機序、薬剤と細胞膜輸送体との関係、薬剤とアポトーシスの関係などについて研究しています。この研究に必要な「薬剤に対する抗体」は市販されていないため、私たち自身で作製していますが、そのため、私たちの研究は世界でも類を見ないユニークなものとなっています。
将来何に役立ちますか薬物の個々の細胞単位での薬物動態と作用や副作用との関係が明らかになれば、より効果的で副作用が少ない薬物療法を開発できると考えています。