トモシゲ リュウイチ   Tomoshige Ryuichi
  友重 竜一
   所属   崇城大学  工学部 ナノサイエンス学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(修士課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用化学専攻(博士後期課程)
   職種   教授
分野ナノテク・材料
タイトル製品の内部の様子を調べます(材料物性編)
シーズ名製品の健全性を評価します
キーワードビッカース硬度試験 K sub/IC/sub 破壊靱性試験 比重計
研究シーズ概要硬さ試験、密度、破壊靱性値を調べて製品の健全性を評価します。
利点・特長・成果金属・セラミック材料の物性評価を行う研究機関は、熊本近郊ですと、そう多くないと思います。お気軽にお声掛け下さい。
その他の研究△製品の内部の様子を調べます(材料分析、材料物性評価、微細構造観察)
△高温材料・導電性材料(合金・セラミックス)他 高機能粒子の試作
メッセージ(企業へ)■友重研究室では金属・セラミックス材料を中心に、特殊合成法や特殊加工法を利用して既存の素材とは異なる特性のものを創製することに力を入れています。特殊と名前はついていますが操作はいたって単純です。

■当研究室は、素材を作りっぱなしにせず、その特長を様々な方面から明らかにし、適切に使用できるものであるか精査しています。

■光学顕微鏡および電子顕微鏡を用いてマクロからナノの大きさまで詳細に調べ、材料特性の要である機械的性質もビッカース硬度計、破壊靱性試験、圧縮試験(小試験片)等の試験機を用いて行えます。さらには、顕微鏡観察だけではわからない「これは、どんな物質で出来ているの?」の疑問に対してX線回折装置を用いて数分間の非破壊検査で明らかに出来ます。