カワソエ トモユキ   Kawasoe Tomoyuki
  川副 智行
   所属   崇城大学  総合教育センター 総合教育センター
   職種   教授
研究タイトルアントレプレナーシップ教育 ~社会での飛躍をするために必要なスキルとマインド~
研究の内容大学は「人生のスタートライン」です。高校で学んだ知識をもとに目指す専門的性を極めながら、社会で活躍するため力を身に付けます。数年後には社会へと羽ばたくことを考えると、皆さんの未来は意外と身近にあります。一方で、勉強と仕事のつながりがわかりにくいのも事実です。
高校と社会との間にあり、社会に貢献できる人材を輩出する大学の使命を具体化するため、崇城大学では、社会で活躍するためのスキルが習得できる「アントレプレナーシップ教育」を実施しています。この教育では、大学で学ぶ専門的な知識を社会で生かしていくための実践的なスキル(知識・創造力・実践力)とマインド(情熱)を身に付けることができます。就職後に役に立つのはもちろんのこと、自分で起業することも可能になります。「地方から」「熊本から」そして「崇城から」、新しい価値を世の中に提供してくことを目指しています。
将来何に役立ちますか社会では、「勉強ができる」と「仕事ができる」は決してイコールでなく、超有名大学出身者でも仕事ができないとの判断をされることも多々あります。仕事で活躍するためには、大学で学ぶ知識に加え、それを活かすスキルをきちんと身に付けなければなりません。また、社会情勢も大きく変化し、これまで安定と思われていた大手企業でさえ、生涯安定とは言えない状況です。これから時代の「安定」とは、企業から与えられるものはなく、個人の能力で実現するものになっていくと考えられます。
崇城大学アントレプレナーシップ教育では、自分の夢が実現する様々な職業において、「若いのに仕事ができるな!」と評されるような人材になれることを目指します。さらには、苦戦する大手企業を横目に、地元を元気にするベンチャー企業の育成を行い、公務員・会社就職に並ぶ、第三の選択肢としての起業を選択できるようにしていきます。