サイトウ ヒロノリ   Saitou Hironori
  齊藤 弘順
   所属   崇城大学  工学部 機械工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 機械システム工学専攻
   職種   教授
研究タイトル高効率エネルギー変換技術に関する研究
研究の内容石油枯渇や地球温暖化が顕在化し、世界規模でのエネルギー・環境問題となっているのは周知の事実ですが、我国でも東日本大震災以来これまで以上に再生可能エネルギーへの期待が高まっています。加えて電力安定供給のために太陽光・風力・バイオマス発電のベストミックスの実現とそれらの出力変動を補うバックアップ電源の必要性から自立・分散型のディーゼル発電およびエンジン廃熱利用のコージェネレーション(熱電併給)システムが注目されています。また全世界流通(ton×km)の6割を担う陸運(トラック)と3割を担う海運(タンカーやバルクキャリア)はその要求出力の大きさから今後もディーゼル機関が主役を担うことは明白であり、ディーゼル機関の更なる高効率・低排出技術が求められています。
 以上の社会背景を踏まえ、「再生可能」、「自立・分散型電源」、「温暖化防止」、「流通経済の維持」という4つのキーワードを結びつける研究として、再生可能バイオマス由来のアルコールを燃料とする定置型/移動型転用可能な汎用高効率アルコールディーゼルの実現を目指しています。
将来何に役立ちますか環境保全や再生循環型社会の実現に役立ちます