イチハラ ヒデアキ   Ichihara Hideaki
  市原 英明
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用生命科学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士前期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用生命科学専攻(博士後期課程)
   職種   教授
研究タイトルハイブリッドリポソーム(人工細胞膜)を用いた難治性疾患(がん、リウマチ等)治療を目指した研究
研究の内容難治性疾患(がん、リウマチなど)の化学療法剤の開発を目的として、本学名誉教授の上岡先生が開発された新しいナノパーティクル(微細粒子)であるハイブリッドリポソームを用いて研究を行っています。とくに、がん治療に関しては、細胞レベルにおける培養がん細胞に対する制がん効果とメカニズムに関する研究に携わっています。さらに、細胞レベルで顕著な治療実績を上げているハイブリッドリポソームの新薬承認に向け、動物レベルの前臨床試験(担がんモデルマウスによる治療効果および正常動物の安全性)に関する研究を行っています。
将来何に役立ちますか薬剤の開発に関連した研究ですので、将来、薬の開発をしたい方には興味深い研究だと思います。