ウチダ コウジ   Uchida Kouji
  内田 浩二
   所属   崇城大学  工学部 機械工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 機械システム工学専攻
   職種   准教授
研究タイトルバイオ燃料使用のディーゼル型高効率エンジン開発に向けた自着火現象の解明
研究の内容現在、エネルギー・環境問題が深刻化しています。これらの問題を根本的に解決するためには石油系燃料に頼らない、新たなエネルギーシステムを作り上げることが最も重要と言えます。本研究では太陽エネルギーを蓄えた様々な植物から得られるアルコールを燃料とし、資源を無駄なく使用できるエンジンシステムの実現を目指しています。
 エンジンシステムとは燃料が燃えるときに発生する熱エネルギーを自動車や船等を動かすために不可欠な力へと変換する機械です。従って、このような機械を作るには「燃料が燃える」という現象が非常に重要です。中でもトラック、バスおよび船などに使用されるディーゼルエンジンは50気圧以上という高い圧力、500℃から800℃という高温な空気中に燃料を霧状で噴き出すと、燃料が自然に燃え始めるという“自着火現象”を利用しています。しかし、アルコール燃料はその性質上、自着火が安定的に起きず、実用化されていないのが現状です。以上を踏まえ、本研究では「なぜ自然に火が着くのか?」、「どのような条件で火が着くのか?」という根本的な謎を解明するため、様々な実験装置を用いて実験を繰り返し、自着火現象の解明を進めています。
将来何に役立ちますか現在進めている研究によって、自着火現象を起こすための条件が明らかになれば、自然に火が着く瞬間を自由にコントロールすること(エンジンの性能向上には非常に重要)が可能となり、アルコールエンジンの実用化が可能となります。また、自着火現象の発生メカニズムを明確に解明することができればアルコール燃料だけではなく燃料と呼ばれるあらゆる物質を利用できるエンジンシステム、正に燃料にあったエンジンを開発することが可能になると考えています。