マスムラ マサナオ   Masumura Masanao
  増村 雅尚
   所属   崇城大学  総合教育センター 総合教育センター
   職種   准教授
研究タイトルバレーボール競技における「跳ぶ」「打つ」「上げる」の基本動作に関するバイオメカニクス的研究
研究の内容研究対象はバレーボールの基本動作であり,現在は世界一流のバレーボール選手のスパイク動作を定量的に分析し,日本選手の技術向上を目指している.また、バレーボールの基礎的技術の向上,バレーボール動作におけるスタンダードモーションの確立につながると考える.そして、各世代におけるスパイク動作を分析し,どうすれば「高く」「強く」「うまく」スパイクが打てるのかを追及していきたい.また,スパイク動作のコーチングに対し、経験に加えて,バイオメカニクス的分析による知見を指導現場に応用することは,スパイク動作を客観的に見直すことに役立ち,選手やコーチに多くの示唆を与え,より効果的な指導が行えると考えられ,スパイク動作に関する理解を深め,スパイク動作を指導するための基礎的知見が得られると考えられる.
将来何に役立ちますか生涯におけるスポーツ活動を行う上で、重要な体力、徳育、知力を身につけ、効率の良い動きや健全な精神を養う。