ムラタ ヤスタカ   Murata Yasutaka
  村田 泰孝
   所属   崇城大学  工学部 建築学科
   崇城大学大学院  工学研究科 環境社会工学専攻
   崇城大学大学院  工学研究科 建設システム開発工学専攻
   職種   准教授
研究タイトル建物外皮の省エネルギー性能評価に関する研究
研究の内容建物の外側(外皮)は常に雨風や太陽にさらされています。太陽からの熱は建物を温め、夏は冷房用エネルギーの増加、冬は暖房用エネルギーの減少につながります。太陽からのエネルギーを上手にコントロールすることによって建物の冷暖房用エネルギーを減らすことができますので、そのための技術も色々と開発されています。しかし、技術が進歩しても、どの程度の省エネルギー効果があるのかがわからなければ、一般には普及しません。そこでこの研究では、開発された様々な技術が、どの程度冷暖用エネルギーを減らすことができるのか、その建物で暮らしている人が快適に過ごせるのかを測定し、評価しています。この中で、これまでの方法では評価が難しい技術については、新たな評価法を研究しています。
将来何に役立ちますかこれまでは評価が難しかった技術についても評価し、その効果を示すことで消費者からの信頼を得て、技術の普及の役に立ちます。それにより、建物のエネルギー消費が減り、地球温暖化防への対策が進むことが期待できます。
また、建物の省エネルギー性能についての研究ですから、色々な省エネルギー手法とその原理についての知識を習得しておく必要があります。また、新しい技術に適した評価法を検討しますので、省エネルギー手法の原理を深く理解することも必要です。研究を通じて知識や理解が深くなり、建物に適用される様々な省エネルギー技術の信頼性の判断ができるようになり、省エネルギー建築の設計のための様々な技術や新しい技術を開発するのための知識を習得し、更なる技術の進歩に貢献できると考えています。