ツツミ マサノリ   Tsutsumi Masanori
  堤 雅徳
   所属   崇城大学  工学部 宇宙航空システム工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 宇宙航空システム工学専攻
   職種   教授
研究タイトル軸流タービンの性能、信頼性向上に関する研究
研究の内容航空用ガスタービンや蒸気タービンなどの軸流タービンにおける、タービン翼列内部流れの損失発生機構解明、効率向上、信頼性向上に関し実験、流動解析を駆使した研究を行っています。とくにタービン翼列の内部に発生する2次流れと云われる渦の発生機構解明、およびその損失低減技術開発に取り組んでいます。航空機のジェットエンジン、火力発電所の蒸気タービンなどは我々の生活の根幹を支える技術であり企業と大学における弛まない研究開発が必要です。
将来何に役立ちますかガスタービンや蒸気タービンの効率を上げることにより、化石燃料の大量消費に歯止めを掛け、二酸化炭素の排出量を抑制することができます。また、ガスタービンの信頼性を高めることにより、高い安全性を求められる航空機の要求に応えることができます。