サエグサ ヤスユキ   Saegusa Yasuyuki
  三枝 泰之
   所属   崇城大学  芸術学部 デザイン学科
   崇城大学大学院  芸術研究科 芸術学専攻
   崇城大学大学院  芸術研究科 デザイン専攻
   職種   教授
発表年月 2012/09
発表テーマ 舞台広告ー戦後グラフィズムの考察  情報のデザインと経験のデザイン
会議名 アート・インプラント
主催者 ウッチ・ワルシャワ人文社会大学
開催地名 ウッチ/ポーランド
会議区分 国際会議
講演区分 講師
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 1960年代頃より昭和の後半にかけて盛んになる日本のアングラ演劇等の公演広告から、グラフィックデザイン(ポスター/チラシ)の負った役割・特色、その時代を象徴したグラフィックの潮流(グラフィズム)を考察するものである。