アンドウ ショウジ   Andou Syouji
  安藤 祥司
   所属   崇城大学  生物生命学部 生物生命学科
   崇城大学  生物生命学部 応用微生物工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(修士課程)
   職種   教授
項目区分 教育方法の実践例
期間 2010/04~
事項 学生の実質的講義参加率向上のための取組
概要 学生が講義に単に出席しているのではなく、講義を受ける中で気づき、考える作業を行うことが重要である。その対策として、講義中に学生に対して数多く質問し、また、例題を解かせるなどしている。例題の解答を講義後に提出させ、採点することで学生の理解度も把握できる。採点後、次回の講義で正解を説明し、例題を学生に返却する。学生は例題を復習することで定期試験の対策をする。