オオタ カズヨシ   Oota Kazuyoshi
  太田 一良
   所属   崇城大学  生物生命学部 応用微生物工学科
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(博士後期課程)
   崇城大学大学院  工学研究科 応用微生物工学専攻(修士課程)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/09
形態種別 単行本
標題 4.4.5 炭素代謝
執筆形態 共著
掲載誌名 農芸化学の事典
掲載区分国内
出版社・発行元 朝倉書店(東京)
巻・号・頁 541-544頁
著者・共著者 太田一良
概要 微生物は広範な炭素化合物を唯一の炭素源として利用できる多様に進化した代謝系をもつことを述べ,グルコースからピルビン酸の生成経路,ペントースの代謝,嫌気的糖代謝,TCA回路とグリオキシル酸回路,不完全酸化,脂肪および炭化水素代謝,C1化合物による増殖,芳香族化合物,代謝調節について解説した。